医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

後縦靭帯骨化症・黄色縦靭帯骨化症

症状

  • この疾患では、背骨の動きが悪くなるため、からだが硬くなり、背すじにこりや痛みを生じることがあります。注意が必要な症状は、神経(主に脊髄)が圧迫され、神経の働きが低下して起こる、以下の脊髄症状です。
    後縦靭帯骨化症で頚椎の脊髄が圧迫されると、手足のしびれ感(ビリビリ、ジンジンした感覚が鈍くなる)や手指の細かい運動がぎこちなくなり、しづらくなります(箸がうまく使えない、ボタンの掛け外しがうまくできない)。他にも、足がつっぱってつまづきやすい、階段の昇り降りが怖くて困難などといった歩行障害も出現してきます。
  • 黄色靭帯骨化症でも同様の症状が出現しますが、骨化してくる部位が胸椎に多いので、その場合は足の症状だけで手の症状は出現してきません。

病態

  • 後縦靭帯は脊髄の前方に位置し、黄色靭帯は脊髄の後方に位置するため、それぞれの靭帯が分厚くなって骨のように硬くなってしまうと脊髄が圧迫されて上記のような症状(脊髄症状)が出現してきます。
    前者は後縦靭帯骨化症といい、胸椎にも出現しますが頸椎に多い疾患で、後者は黄色靭帯骨化症といい、逆に胸椎に多い疾患です。

〈後縦靭帯骨化症〉

後縦靭帯骨化 脊髄

〈黄色靭帯骨化症〉

黄色靭帯骨化 脊髄

脊髄の後方の靭帯が骨化する病気を黄色靭帯骨化症といいます。症状は後縦靭帯骨化と同様です。

頚椎椎弓形成術

腹臥位(うつ伏せ)で行ないます。頚部後方の皮膚切開を行い、頸椎椎弓を片開き式に拡大します。

手術データ
麻酔全身
手術時間2時間程度
手術創10cm程度
入院期間10日~2週間程度
術後の効果
頚椎の椎弓を後方に拡げて、脊柱管を再形成することにより、脊髄の圧迫が除去され、歩行障害や手指の動き・痛みの軽減が期待できます。
術前X線
術後X線
術前MRI
術後MRI
手術・検査一覧