医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

脊椎側弯症・変性後側弯症

症状

  • 子どもの頃に側弯症を認めていた方が、年齢と共に椎間板や椎体の加齢性変化が進行したり、加齢性変化のみで椎間板や椎体の変形が進行したりすることで、背骨が曲がってきます。姿勢が維持できず、日常生活に支障をきたします。
  • 腰背部痛を自覚したり、歩行時に腰痛と共に前傾姿勢が強くなり歩けなくなったりします。

病態

  • 進行すると、太腿や膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなったり、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れることもあります。

前後方矯正固定術

〈前方〉側臥位(横向き)の状態で行ないます。左の脇腹を切開し、後腹膜側から筋肉を避けながら器具を椎体の前方まで挿入します。側弯の原因になっている椎間板を切除し、ケージというスペーサーを挿入します。脊柱をできるだけまっすぐに、かつ、ねじれをできるだけ減らします。

〈後方〉腹臥位(うつ伏せ) の状態で行ないます。脊柱にスクリューやフックを挿入しロッドと連結します。ロッドの回旋操作やねじり戻す操作を加えることにより、脊柱をできるだけまっすぐに、かつ、ねじれをできるだけ減らします。

手術データ
麻酔全身
手術時間〈前方〉3時間程度〈後方〉4時間程度
手術創〈前方〉左脇腹に8cm程度〈後方〉背中の正中
(大きさは施術範囲により異なる)
入院期間3~4週間程度
術後の効果
側弯症の矯正と共に骨盤やからだの傾きが改善されることにより、臀部痛、腰痛の改善が期待され、座りやすさ、手の使いやすさも改善されることが期待できます。
術前X線
術前X線
術後X線
術後X線
手術・検査一覧