医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

半月板損傷

半月板は膝関節の中にあり弾力性のある貝柱のような線維軟骨とよばれる軟骨でできています。半月板は関節に加わる体重の負荷を分散させるクッションの役割と、関節の適合性や関節の安定化を図る働きをしています。
半月板は、主にスポーツ活動などによって、膝にひねりが加わると損傷を生じることがあります。また、高齢になると、加齢に伴う半月板の変性を基盤とし、立ち上がり動作や階段などでも損傷する場合があります。

半月板損傷の症状

突然に起こる膝の痛みで特徴的な症状はありません。関節を動かす時や体重をかけた時に強く痛みを感じ、断裂が大きくなると膝の中でクリッと音が鳴るようになったり、膝が屈曲したまま動かなくなったり(ロッキング症状)することがあります。また、関節に水が溜まったり、靭帯を損傷している場合は血が溜まったりすることがあります。

半月板・半月板損傷

半月板損傷の治療方法

膝関節サポーター

半月板は損傷があるからといって、そのすべてが手術の対象となるわけではありません。まずは膝に負担をかけないようにサポーターやテーピングなどで可能な範囲で膝の安静を保ちます。痛みや炎症を抑える目的で湿布や消炎鎮痛剤、電気療法などを行い、痛みの緩和を図ります。膝に水がたまっている場合は針を刺して水を取り除きます(関節穿刺)。また、関節の潤滑性を高める目的でヒアルロン酸などを関節内に注入する方法もあります。手術しなくても治癒する場合もあるので、まずは保存的に治療を行います。
しかし、持続する痛み、頻繁に水が溜まるなどがある場合は手術を検討する必要が出てきます。

予防方法

BOSSを使用した
バランストレーニング

予防としては、膝周りの筋肉のストレッチング、筋力トレーニングを行い、半月板の負担軽減を図り、バランストレーニングなどを行うことで膝の捻挫を防ぐことが大切です。