医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

変形性股関節症

股関節の形の異常や老化、肥満などで股関節に負担が生じることが原因で、股関節が少しずつ変形していく病気です。老化や肥満によって起こったものを「一次性変形性股関節症」と呼びます。日本で多くみられるのは、「二次性変形性股関節症」で、先天性臼蓋形成不全(きゅうがいけいせいふぜん)や先天性股関節脱臼(だっきゅう)などが原因で発症します。そのほかには関節リウマチ、大腿骨頭壊死症、骨折、脱臼などの外傷後に続発する変形性股関節症も二次性といえます。
患者さまの多くは女性ですが、高齢化社会となったため、原因不明となる病気に罹ったことが無くても、年齢とともに股関節症を発症することがあります。

変形性股関節症の症状とは?

主な症状は、股関節の痛みと機能障害です。例えば、立ち上がりや歩き始めに足のつけ根に痛みがでたりします。
変形が進んでしまいますと、痛みが強くなり、酷い場合は安静時や睡眠時に痛みが出たり、股関節の動きが著しく障害され歩きにくくなります。

変形性股関節症

予防と治療

変形性股関節症と診断されたら、まずは日常生活から負担を減らして大事に使うということが大切になります。杖、またはシルバーカーなどを利用し股関節にかかる負担を減らしていくことも大事になります。また肥満体形の方は体重が多い分、股関節に負担が大きくなってしまうので、減量することをおすすめします。当院では減量に有効な有酸素トレーニングを実施しています。特に水中トレッドミルは浮力の為、股関節に負担が少ない状態でランニングが実施できますので、痛みが強い方にオススメしています。これらの保存療法でも、痛みが取れない場合は手術療法を考えます。軽度の場合は、自分の骨を残したまま行う骨切り術の適応ですし、関節の変形がすすんで重度の場合は人工股関節手術の適応となります。

水中トレッドミルでの減量トレーニング
シルバーカー等にて
股関節の負担を減らします