医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア(MRI)

椎間板とは、椎体間にあり、背骨に加わる衝撃を和らげるクッションの役目をしています。椎間板は、中央にゼラチンのような、弾力性のある髄核という部分があり、その周囲には繊維輪という、比較的かたい軟骨が幾重にも囲んでいます。そのため背骨に上下から加わる力を全体に均一に分散させ、衝撃を和らげています。20歳代になると、椎間板の変性が始まり、繊維輪の弾力性がなくなり、ところどころに亀裂が生じ始めます。一方髄核はまだ水分を十分含んでいて、弾力性も保たれているので、椎間板に強い力が加わると、椎間板内部の圧が一時的に上昇し、繊維輪の亀裂から髄核が飛び出た状態を椎間板ヘルニアといいます。悪い姿勢での動作や喫煙などでヘルニアが起こりやすいと言われています。
ヘルニア(hernia)とは「あるべき場所から飛び出る状態」という意味があり、頸椎・胸椎・腰椎共にみられますが、ここでは比較的多くみられる腰椎椎間板ヘルニアについてお話します。

腰椎椎間板ヘルニアの症状

腰に負担をかけた動きをした時に、腰から足にかけて電気が走ったような強い痛みが出現します。また日常生活では「顔を洗う動作が痛い」など、前かがみになる動作で特に症状が出現します。更に痛みから回避するために体を「くの字」に傾ける疼痛性側弯が起きる場合もあります。痛みの他にも神経の障害による様々な症状が出現します。
症状としては ① 足首に力が入らなくなり、段差に躓く、歩く時に力が入りにくくふらつくなどの下肢筋力低下、② 足を触っていても一枚布を介して触っているように感じられる感覚鈍麻、③ 正座を長時間した後のような下肢の「ビリビリ」とした痺れ、中には排便、排尿に問題が出現することもあります。

[ 腰椎椎間板ヘルニアの起こるメカニズム ]
脊椎に圧力がかかり、椎間板が変形してきます。
やがて、中から飛び出して神経を圧迫することで痛みを引き起こします。

腰椎椎間板ヘルニアの治療方法

痛みの強い時期には、安静を心がけコルセットを付けたりします。また消炎鎮痛剤や坐薬、神経ブロック注射を行い、痛みを和らげます。痛みが軽快してきたら、牽引療法や運動療法を行っていくことがあります。近年の研究では長期の経過観察によりヘルニアが体内に吸収されるという報告もありますが、これらの方法で軽快が見られない場合や排尿障害、下肢の脱力などがみられる場合は手術が適応となる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアに対する体操の紹介(ウィリアムス体操、マッケンジー体操)

ウィリアムス体操

腹筋運動
両脚を抱える運動
太ももの裏を伸ばす運動
ヒップアップ運動

マッケンジー体操

両肘をつけた姿勢から両肘を伸ばして背中を反らしていきます。