医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

野球肘・テニス肘

上肢を使うスポーツでは肘の障害が起こりやすいです。野球が代表的です。テニス、ゴルフ、体操、剣道、バレーボールなどでも肘の障害は多いです。行っているスポーツの種類を冠した2つの肘疾患ですが、両者は異なる病変です。特定のスポーツ動作により発症しやすいことよりこのような名前がついています。

野球肘とは

野球肘とは野球の投球動作を積み重ねることにより肘関節に生じる痛みの総称です。発症の時期により次の2つに大きく分けられます。発育型野球肘と成人型野球肘に分けられ、障害の部位から内側型、外側型、後方型に分類されます。

テニス肘とは

テニス肘とはテニスのストロークを繰り返し行ったことで肘関節に生じる痛みの総称です。ストロークの種類により、痛める部位が分かれます。バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘と、フォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘に分けられます。

バックハンド動作

野球肘・テニス肘の症状

主な症状として、投球動作時やテニスのストロークのたびに肘の外側や内側に痛みが現れます。また、スポーツ以外の日常生活でも、タオルを絞る、ドアノブをまわすなどの手首を使う動作のたびに肘の内側・外側に痛みが現れます。

【 野球肘が発生する位置と仕組み 】

投球動作フォーム

1
2
3
4

野球肘・テニス肘の治療方法

症状の程度によっては、サポーター等で局所の安静を保ち、消炎鎮痛剤などの内服での治療を行います。その一方で、温熱療法、電気治療、レーザー光線、超音波療法、ストレッチング、筋力トレーニングなどの理学療法が重要となります。 また、程度によっては手術などが必要な時もあります。スポーツ人口が多くなり、よく耳にするようになってきていますが、早期発見、早期治療が大切な病気です。疼痛ではなく違和感程度でも整形外科受診をおすすめします。

予防対策

再発予防も含めた方法としては、前腕、肩周りのストレッチング、サポーターの活用、患部に負担にならないようなフォームの獲得、スポーツ後のアイシングなどが挙げられます。