医療法人社団 瑞鳳会松岡整形外科・内科リハビリテーション
JR岐阜駅から徒歩10分、名鉄岐阜駅から徒歩5分整形外科・内科・リハビリテーション科・リウマチ科
〒500-8167 岐阜県岐阜市東金宝町2-12-6 Tel 058-266-6888

腰椎椎間板ヘルニア

症状

  • 腰や臀部が痛み、下肢にしびれや痛みが放散したり、足に力が入りにくくなったりします。
  • 背骨が横に曲がり(疼痛性側弯)、動きにくくなり、重いものを持ったりすると痛みが強くなることがあります。

病態

  • 椎間板は繊維輪と髄核でできていて、背骨をつなぎ、クッションの役目をしています。その一部が出てきて神経を圧迫して症状が出ます。椎間板が加齢などにより変性し断裂して起こります。
  • 悪い姿勢での動作や作業、喫煙などでヘルニアが起こりやすくなることが知られています。
しびれがよく起こる部位
下肢放散痛
線維輪 髄核 ヘルニア 硬膜 神経根

内視鏡下腰椎椎間板摘出術(MED)

腹臥位(うつ伏せ)で行ないます。背部真ん中に皮膚切開を行い、操作管を挿入し、内視鏡にて突出した椎間板ヘルニア塊を切除する手術です。

手術データ
麻酔全身
手術時間1時間程度
(ヘルニアの部位、大きさにより異なる)
手術創1.5cm程度
入院期間5日間程度
術後の効果
傷痕が小さく、背部の筋肉を大きく切る必要がないため、術後の痛みが軽く、回復も早く、手術部分の細菌感染の危険性が少ないです。日常生活や仕事への復帰が早期に行えます。
突出した椎間板
術前MRI
術後MRI

必要最低限の骨切除で椎間板を摘出

手術・検査一覧